Share on reddit
Share on GREE
Bookmark this on Delicious
Pocket

EDに悩む男性の典型的な悩みとしては、自身が問題である男性不妊。
それでも求めてくる妻からのプレッシャーといったことが挙げられています。

セックスのタイミングを事細かに管理

不妊カップルであると診断されても、大抵のカップルがそれじゃ子供を諦めようと、すっぱりと割り切ることは出来ないでしょう。
食生活や日常生活を改善して、なるべく妊娠しやすい環境にすることはもちろん、やれることは何でもしようとするのが普通ではないでしょうか。

そこで行ってしまうのが、セックスをするタイミングを管理するということ。
男性が原因であったとしても、無精子症でもない限りは、精液の中に精子は含まれていることがわかっているわけです。
だから、妊娠がしやすいとされる排卵日などには、必ずセックスをするという風にスケジュールしてしまっていて、まさしく種馬のような環境を作り出されてしまっている。

こういった管理の下のセックスほどに、男性にとって苦痛なセックスはないでしょう。
それでも妊娠しなかったら、頑張ってくれているパートナーに対して、申し訳ない。
今度こそは妊娠させてあげなければ。

回数を重ねるごとに、このようなプレッシャーが掛かることになります。
結果として、射精どころか、EDになってしまって、セックスが出来ない状態になってしまい、ますます問題が深刻化することになるのです。

焦らず原因を追求することが大前提

とにかく頑張ろうと前述のように子作りのためだけの管理セックスを計画するのではなく、単純にセックスをコミュニケーションの一種として、楽しむことを前提にしましょう。

子供を作らなければ、作りたいという欲求を口に出さなくても、こういったスケジュールされすぎているセックスは、男性に過度のプレッシャーを与えてしまうものなのですから。

セックスをするときには、男女共にリラックスした環境が最も良いとされています。

それに男性が原因で不妊になってしまっている場合には、手術などで自然妊娠が期待出来る状態にまで改善させることも可能です。
まずは、専門家の下で、しっかりとした原因を追求し、適切な治療を受けるようにしましょう。

Share on reddit
Share on GREE
Bookmark this on Delicious
Pocket