reddit にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
Pocket
[`evernote` not found]

精子に問題が生じるのは、大抵の場合には先天性のものだとされていますが、晩婚化や晩産化も大きな要因と言われています。
できる限り、元気な精子を確保する生活を続け、心因性のEDなどにならないように気をつけましょう。

簡単に対処できる精子保護方法

一般的に、精子に問題が起きないようにする生活習慣は、驚くほどに存在しています。
その一つが身に付ける下着への注意。

近年では、ボクサーパンツなどが流行っていますが、ポイントになるのは、通気性です。
タイトサイズのブリーフ系の下着の場合、体温がこもりやすいというデメリットがあります。

このため、とある調査機関のデータでは、タイトな下着を履いている男性の精子数が、そうではない人の精子数よりも明らかに少ないというものが挙げられます。

精巣の温度上昇がその原因と言われていますから、通気性の高いトランクスタイプなどにすることがオススメです。

飲酒と喫煙による精子の影響について

精子以外にも、さまざまな病気の原因となっているのが、飲酒と喫煙ではないでしょうか。
タバコについては、生殖機能に対して、マイナスの影響があると、様々な調査によって報告がされています。

そもそも喫煙をすると、毛細血管が収縮し、血流が悪くなる。
つまりは、EDの要因にもなり得るのです。
更に、精子が奇形になってしまったり、精子の運動能力を低下させるなどの報告もされています。

受精に成功したとしても、途中で流産になってしまうリスクを高めたり、先天性の疾患を持ってしまう可能性も高くなり、百害あって一理なしなのです。

飲酒に関しては、他の疾患と同様に、適度な量であれば、問題ないとされています。
しかしながら、二日酔いの状態にまでなるほどに飲んでしまっている場合には、精子形成にはマイナス要素が増えるとされています。

そもそもアルコールの影響によって、勃起不全になってしまう方や、中折れしてしまうなんて方も多く、これは立派なEDであり、精子生成以前の問題ですから、ほどほどにしておきましょう。

精子が正常であるとは、当たり前だと思わないこと。

これが大事です。
本当に妊娠を望んでいるのであれば、やれることは、しっかりと行っていきましょう。

reddit にシェア
GREE にシェア
Delicious にシェア
Pocket
[`evernote` not found]